コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小金井芦洲(初代) こがねい ろしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小金井芦洲(初代) こがねい-ろしゅう

1799-1864* 江戸時代後期の講談師。
寛政11年生まれ。桃林亭東玉(とうりんてい-とうぎょく)の門にはいり,玉梅をへて北梅を名のる。小金井派をひらき,のち芦洲を称する。講談種本の脚色・創作がおおく,短編を得意とした。文久3年12月5日死去。65歳。本名は小林太郎兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小金井芦洲(初代)の関連キーワード講談師

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android