コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小金井芦洲(4代) こがねい ろしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小金井芦洲(4代) こがねい-ろしゅう

1888-1949 明治-昭和時代の講談師。
明治21年12月6日生まれ。4代神田伯竜の子。3代小金井芦洲の門にはいり,慶昇などを名のる。昭和12年4代芦洲を襲名。「鼠小僧(ねずみこぞう)次郎吉」などの世話物を得意とした。昭和24年1月8日死去。62歳。東京出身。本名は松村伝次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小金井芦洲(4代)の関連キーワード昭和時代講談師明治

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android