コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小金井芦洲(5代) こがねい ろしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小金井芦洲(5代) こがねい-ろしゅう

1877-1961 大正-昭和時代の講談師。
明治10年11月1日生まれ。化粧品店経営から40歳で講談界にはいる。のち3代小金井芦洲の門にはいり,昭和24年5代芦洲を襲名。晩年は桜洲(おうしゅう)を名のる。「塩原多助」「半七捕物帳」などの世話物を得意とした。昭和36年6月14日死去。83歳。東京出身。本名は上野正吉

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小金井芦洲(5代)の関連キーワード昭和時代講談師

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android