小長井町のフルーツバス停

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小長井町のフルーツバス停

1990年に長崎市中心に開かれた「長崎旅博覧会」をきっかけに町が設置。89~99年度に国道207号沿いを中心に長崎県営バスのバス停として16基が建てられた。ミカンメロンイチゴスイカトマトの5種類がある。建設費は1基300万円程度。現在は諫早市所有・管理し、2009年には1基30万~40万円かけて塗り替えた。

(2016-01-14 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android