小間物・細物(読み)こまもの

大辞林 第三版の解説

こまもの【小間物・細物】

日常用いるこまごましたもの。日用品・化粧品・装身具など。 「 -売り」
〔種々雑多なものの意から〕 「へど」を俗にいう語。
[句項目] 小間物屋を開く

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こま‐もの【小間物・細物】

〘名〙
① 細かいもの。ごく小さな物。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 紅や白粉、髪飾りなど婦人の化粧用品や、楊枝(ようじ)、歯ブラシなど日用のこまごました品物。
※天理本狂言・連尺(室町末‐近世初)「いつあのこま物や絹布のきれぎれで目出たいおいわひのあった事は御ざるまい」
※雑俳・柳多留‐二(1767)「小間ものと地帋みそごい咄(はなし)をし」
④ (「こまごましたもの」の意から) 反吐(へど)をいう俗語。
浮世草子・風俗遊仙窟(1744)二「劉伶、歩行くところ鋤をもたせしは、小間物(コマモノ)の跡を隠さんとの用意」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android