コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小鵜飼船

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小鵜飼船

米沢藩が急流でも通れる小型船の導入を図ろうと1759(宝暦9)年に阿武隈川に派遣されていた今成平兵衛を御用係に任命し、最上川に適した船として作った。主に上流で使われていたが、明治以降は、下流まで運航できるようになった。長さは15メートル前後のものが多く、米50俵程度を積めたという。

(2010-03-02 朝日新聞 朝刊 山形 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

小鵜飼船の関連キーワード鵜飼船米沢藩左沢

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android