コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小麦の政府売り渡し価格決定の仕組み

1件 の用語解説(小麦の政府売り渡し価格決定の仕組みの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小麦の政府売り渡し価格決定の仕組み

日本の小麦の消費量(約620万トン)の9割弱は国産より価格が安い輸入小麦。国内の小麦農家を守るため、輸入小麦は全量を政府がいったん買い取り、小麦農家への補助金分などを上乗せして製粉会社に販売する。売り渡し価格は1年ごとに決めていたが、今年度から国際相場を反映しやすいよう4月と10月の年2回、価格を改定するようになった。

(2007-12-19 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

小麦の政府売り渡し価格決定の仕組みの関連キーワードJリーグ宇都宮空襲福祉給付金大分川ダム第2京阪道路スクール・サポーター南三陸町天皇記食年天皇記

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone