コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小麦の政府売り渡し価格決定の仕組み

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小麦の政府売り渡し価格決定の仕組み

日本の小麦の消費量(約620万トン)の9割弱は国産より価格が安い輸入小麦。国内の小麦農家を守るため、輸入小麦は全量を政府がいったん買い取り、小麦農家への補助金分などを上乗せして製粉会社に販売する。売り渡し価格は1年ごとに決めていたが、今年度から国際相場を反映しやすいよう4月と10月の年2回、価格を改定するようになった。

(2007-12-19 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

小麦の政府売り渡し価格決定の仕組みの関連キーワードJリーグ宇都宮空襲福祉給付金大分川ダム第2京阪道路スクール・サポーター南三陸町チルコマッシモ天皇記ケプラー22

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android