コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小麦の政府売り渡し価格決定の仕組み

1件 の用語解説(小麦の政府売り渡し価格決定の仕組みの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小麦の政府売り渡し価格決定の仕組み

日本の小麦の消費量(約620万トン)の9割弱は国産より価格が安い輸入小麦。国内の小麦農家を守るため、輸入小麦は全量を政府がいったん買い取り、小麦農家への補助金分などを上乗せして製粉会社に販売する。売り渡し価格は1年ごとに決めていたが、今年度から国際相場を反映しやすいよう4月と10月の年2回、価格を改定するようになった。

(2007-12-19 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小麦の政府売り渡し価格決定の仕組みの関連キーワード限界効用マルチプライヤーカロリー消費量コメ余り県産小麦増える石炭消費サンマ漁コメ消費量世界の銅山日本の製パン業界

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone