コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少ししか すこししか

大辞林 第三版の解説

すこししか【少ししか】

( 連語 )
(下に打ち消しの語を伴って)数量が少ない、また程度がはなはだしくないさま。わずかしか。ちょっとしか。 「残りは-ありません」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

少ししかの関連キーワードデニス(イェーツ) ホイートリーアイルランド(共和国)グレープシードオイルハイパー原子核α‐セルロース上げ底・上底ピロガロール懐が寂しい澄まし汁寸善尺魔恋愛妄想隔年結果ワカコ酒なけなし希少価値食が細る数少ない直腸がんちょい役小食い

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

少ししかの関連情報