コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少子化と佐賀

1件 の用語解説(少子化と佐賀の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

少子化と佐賀

佐賀県は全国的に見ると、子どもが人口に占める割合が高い。国立社会保障人口問題研究所(社人研)が昨年3月に発表した数字では、0~14歳人口の割合は2010年現在で14.5%。沖縄県(17.7%)、滋賀県(15.0%)に次いで3番目だ。その社人研の推計で、25年に12.3%、40年には11.6%まで低下する。実数にすると10年の12万3千人が、30年後には7万9千人にまで減少する計算だ。

(2014-09-24 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

少子化と佐賀の関連キーワードキャップ高齢社会子ども読書の日ゴールトンの退行法則プロフェタの法則札幌市子どもの権利条例の素案難病の子ども生活保護の母子加算親&子どものサポートを考える会佐賀県佐賀市城内

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

少子化と佐賀の関連情報