少工・小工(読み)しょうく

精選版 日本国語大辞典「少工・小工」の解説

しょう‐く セウ‥【少工・小工】

〘名〙 (「く」は「工」の呉音)
① 奈良・平安時代、木工寮・修理職・大宰府の職員。大工(だいく)の下位。建物の営作・修理などをつかさどる。〔令義解(718)〕
② 工匠の集団の統率者。
※鵤荘引付‐大永五年(1525)八月二三日「弐百文、番匠小工」
③ 江戸時代、誤用して鍛冶(かじ)をいう語。〔随筆・松の落葉(1829)〕

しょう‐こう セウ‥【少工・小工】

〘名〙
① 中国で人夫や苦力など下級の肉体労働者。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android