コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少年事件の流れ

1件 の用語解説(少年事件の流れの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

少年事件の流れ

少年事件では、14歳以上で法定刑が懲役などの比較的重い内容で立件される場合、警察から検察庁に送られ、その後、家裁へ送られる。法定刑が罰金以下の場合は直接、家裁に送られる。14歳未満なら刑事罰に問われない代わりに、児童相談所に送致か通告をされ、保護観察児童自立支援施設での生活指導などの保護処分が必要と判断されれば、家裁へ送られる。

(2012-07-21 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

少年事件の流れの関連キーワード観護措置逆送高齢者少年審判法定刑少年院法特別法犯少年富山県の冤罪・再審事件富山県の冤罪事件二つの主文

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone