少年審判の被害者傍聴制度

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

殺人や傷害致死など故意に人を死亡させた事件と交通死亡事故、さらにこうした事件・事故で被害者の生命に重大な危険が生じた場合が対象。被害者やその家族・親権者から傍聴の申し出があったら、家裁は必ず少年付添人に意見を聞いて決める。12歳未満の事件は除かれる。

(2008-12-16 朝日新聞 朝刊 3総合)

少年事件のうち、殺人や傷害致死など「故意の犯罪行為」で死亡させた事件と交通死亡事故▽これらの事件で被害者が危篤に陥るなど生命に重大な危険が生じた場合――が対象。傍聴を希望する被害者やその家族は家裁に申し出る。家裁は、被害者らの話と、少年の付添人の意見を必ず聞いたうえで、「少年の健全育成を妨げるおそれがない」と判断すれば傍聴を認めることができる。12歳未満の少年の事件は対象外。

(2008-12-15 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android