コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少年審判の被害者傍聴制度

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

少年審判の被害者傍聴制度

殺人や傷害致死など故意に人を死亡させた事件と交通死亡事故、さらにこうした事件・事故で被害者の生命に重大な危険が生じた場合が対象。被害者やその家族・親権者から傍聴の申し出があったら、家裁は必ず少年付添人に意見を聞いて決める。12歳未満の事件は除かれる。

(2008-12-16 朝日新聞 朝刊 3総合)

少年審判の被害者傍聴制度

少年事件のうち、殺人や傷害致死など「故意の犯罪行為」で死亡させた事件と交通死亡事故▽これらの事件で被害者が危篤に陥るなど生命に重大な危険が生じた場合――が対象。傍聴を希望する被害者やその家族は家裁に申し出る。家裁は、被害者らの話と、少年の付添人の意見を必ず聞いたうえで、「少年の健全育成を妨げるおそれがない」と判断すれば傍聴を認めることができる。12歳未満の少年の事件は対象外。

(2008-12-15 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android