尖端・先端(読み)せんたん

精選版 日本国語大辞典「尖端・先端」の解説

せん‐たん【尖端・先端】

〘名〙
① とがったものの先。物のとがったさき。物事のいちばん先の部分。
※和蘭皿(1904)〈生田葵山〉道すがら「もう恐ろしい計画の尖端(センタン)が動き初(そ)めたのである」
※欧米印象記(1910)〈中村春雨〉大陸旅行日記・一一月四日「其側の二三峰は打こわされた玻璃片の様な尖端(センタン)をなし」
② 時代や流行などのさきがけ。先頭。先駆。トップ。さきばしり。
※彼女とゴミ箱(1931)〈一瀬直行〉牛めし屋と焙り出しのぢいさん「一人は最も近代的尖端(センタン)を、そして他の一人は目ざめた一労働者として、共に異った世界に現在働いてゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android