尻・臀・後(読み)しり

大辞林 第三版の解説

しり【尻・臀・後】

[2] ( 名 )
四足動物の胴の後肢の付け根の後方、肛門のあるあたりで、肉が豊かについているところ。臀部でんぶ。けつ。おいど。いしき。
空間的または時間的に順序をなして続いているものの、最後の部分。後尾。しまい。うしろ。 ⇔ あたま 「行列の-につく」 「言葉の-」
上と下、前とうしろ、本と末、頂と底のあるものの、下・うしろ・末・底の部分。 「縄の-」 「なべの-」
あとに残った、処理しなくてはならない懸案。あと始末。 「不始末の-を持って行く」
(「じり」の形で)名詞の下に付いて複合語をつくる。
ものの一番終わり、または終わりの部分をいう。 「幕-」 「帳-」 「言葉-」
「帳尻」の略。 「貿易-」
( 接尾 )
助数詞。矢羽に用いる鳥の羽を数えるのに用いる。尾羽を用いるところからいう。大ワシは一四枚、小ワシは一二枚、タカは一〇枚で一尻という。 「紺の布百反、鷲の羽百-/義経記 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android