尻下がり・尻下り(読み)しりさがり

大辞林 第三版の解説

しりさがり【尻下がり・尻下り】

物のうしろの方が下がっていること。 「 -の車のデザイン」
物事の状態が、あとになるほど悪くなること。 「 -に悪くなる」
言葉の調子が、あとになるほど低くなること。 「 -の話しぶり」
▽⇔ 尻上がり
後退すること。あとずさり。 「蛤は砂地の得物、潮の溜りへ引きこまんと、-に引き入る/浄瑠璃・国性爺合戦」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android