コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尻暗い観音・尻食らい観音 しりくらいかんのん

大辞林 第三版の解説

しりくらいかんのん【尻暗い観音・尻食らい観音】

〔困ったときは観音を念じ、楽になると「しりくらえ」とののしるところから〕
受けた恩を忘れてののしること。また恩を忘れて知らん顔をしていること。尻食らえ観音。 〔六観音の縁日は陰暦の18日から23日までの間で、その後は次第に闇夜になることを「尻暗い」に当てたことに始まる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android