コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尻高人形

1件 の用語解説(尻高人形の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

尻高人形

幕末から明治の初めごろ、名古屋人形浄瑠璃の一派「豊松流」4代目の伝三が村人に人形の遣い方を教え、道具を残していったのがはじまりとされる。伝三は1886(明治19)年に再訪、山田与平に免状を与えたという記録が残っている。1955年、県重要民俗文化財に指定され、78年には国選択無形民俗文化財に選定された。若月さんは「錦松会」の6代目座長。

(2009-11-13 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尻高人形の関連キーワード植村文楽軒名古屋甚句淡路人形浄瑠璃植村文楽軒(6代)内海繁太郎土岐三江吉田辰五郎(3代)吉田辰五郎(4代)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尻高人形の関連情報