尾上 松緑(2代目)(読み)オノエ ショウロク

20世紀日本人名事典の解説

尾上 松緑(2代目)
オノエ ショウロク

大正期の歌舞伎俳優,日本舞踊家 藤間流4代目家元;日本俳優協会常任理事;日本舞踊協会常任理事。



生年
大正2(1913)年3月28日

没年
平成1(1989)年6月25日

出生地
東京・日本橋浜町

本名
藤間 豊

別名
別名=藤間 勘斎(2代目)

屋号
音羽屋

学歴〔年〕
京華中中退

主な受賞名〔年〕
芸術祭奨励賞〔昭和27年〕,テアトロン賞(昭38年度),日本芸術院賞〔昭和40年〕,NHK放送文化賞〔昭和42年〕,文化功労者〔昭和59年〕,文化勲章〔昭和62年〕

経歴
7代目松本幸四郎の三男に生まれ、長兄は11代目市川団十郎、次兄は松本白鸚。大正7年初舞台。昭和2年6代目尾上菊五郎に師事し、10年2代目尾上松緑を襲名。12年には藤間流家元4世勘右衛門を襲名。51年藤間流2世藤間勘斎を名乗る。時代物世話物舞踊劇と幅広く、とくに荒事では江戸歌舞伎の神髄を今に最もよく伝える人といわれる歌舞伎界の重鎮。また新作歌舞伎や翻訳劇にも積極的に取り組み、「オセロー」などで演劇界に新風を送り込んだ。47年人間国宝、62年文化勲章受章。著書に「踊りの心」「役者の子は役者」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

尾上 松緑(2代目)
オノエ ショウロク


職業
歌舞伎俳優 日本舞踊家

肩書
藤間流4代目家元 重要無形文化財保持者(歌舞伎立役)〔昭和47年〕,日本芸術院会員〔昭和48年〕

本名
藤間 豊(フジマ ユタカ)

別名
別名(舞踊)=藤間 勘右衛門(4代目),藤間 勘斎(2代目)

屋号
音羽屋

生年月日
大正2年 3月28日

出生地
東京市 日本橋区浜町(東京都 中央区)

学歴
京華中中退

経歴
7代目松本幸四郎の三男で、長兄は11代目市川団十郎、次兄は松本白鸚。大正7年松本豊を名乗り初舞台。昭和2年6代目尾上菊五郎に師事し、10年2代目尾上松緑を襲名。12年には藤間流家元・4代目勘右衛門を襲名。13年召集されて中国戦線へ。24年6代目菊五郎没後、菊五郎劇団を結成。47年人間国宝に認定、48年日本芸術院会員。50年藤間流2代目藤間勘斎を名乗る。51年「義経千本桜」通し上演で権太、忠信、知盛の3役を演じた。他の当たり役に「関の扉」の関兵衛、大伴黒主、「一谷嫩軍記」の熊谷直実、「新皿屋舗月雨暈」の魚屋宗五郎、「熊野」の平宗盛など。時代物、世話物、舞踊劇と幅広く、特に荒事では江戸歌舞伎の神髄を今に最もよく伝える人といわれた。また、新作歌舞伎や翻訳劇にも積極的に取り組み、「シラノ・ド・ベルジュラック」「オセロー」などで演劇界に新風を送り込んだ。62年文化勲章を受章。著書に「踊りの心」「役者の子は役者」「松緑芸話」がある。

受賞
日本芸術院賞(昭39年度)〔昭和40年〕「舞踊界への業績」,文化功労者〔昭和59年〕 文化勲章〔昭和62年〕 芸術祭奨励賞〔昭和27年〕,テアトロン賞(昭38年度),NHK放送文化賞〔昭和42年〕

没年月日
平成1年 6月25日 (1989年)

家族
父=松本 幸四郎(7代目),兄=市川 団十郎(11代目),松本 白鸚,長男=尾上 辰之助(初代),二男=藤間 勘左(日本舞踊家),孫=尾上 松緑(4代目)

親族
従姉=今藤 綾子(長唄三味線方)

伝記
最期の台詞―演劇人に学ぶ死の作法歌右衛門の疎開舞台人スナップショット終幕の思想―演劇人の死松緑芸話みごとな幕切れ歌右衛門の疎開 北川 登園 著山川 静夫 著小田島 雄志 著北川 登園 著尾上 松緑 著戸板 康二 著山川 静夫 著(発行元 STUDIO CELLO岩波書店朝日新聞社白水社講談社三月書房文芸春秋 ’07’03’99’93’92’90’87発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

尾上 松緑(2代目) (おのえ しょうろく)

生年月日:1913年3月28日
大正時代;昭和時代の歌舞伎役者。尾上菊五郎劇団を結成
1989年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android