尾上 菊之助(2代目)(読み)オノエ キクノスケ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

尾上 菊之助(2代目)
オノエ キクノスケ


職業
歌舞伎俳優

本名
尾上 秀作

別名
前名=尾上 松幸

屋号
音羽屋

生年月日
明治1年

出生地
江戸・向島(東京都)

経歴
幕府の植木御用職人萩原平作の6男。明治3年3歳で5代目尾上菊五郎の養子となる。翌4年2代目尾上菊之助を名乗って中村座で初舞台を踏む。19年養父の勘気を受けて大阪へ下り一時、尾上松幸を名乗る。23年許されて帰京。24年旧名菊之助にもどり、歌舞伎座「鞍馬山だんまり」で牛若丸をつとめ名題に昇進。和事師の随一とも云われたが病気のため早逝した。30年2月歌舞伎座「五十三次扇宿付」に西川宗三・西尾主計之助・繁蔵女房おしづ・小野小町姫の4役をつとめ、これが最後の舞台となった。村松梢風の「残菊物語」のモデルとされる。

没年月日
明治30年 6月28日 (1897年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android