コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上/伊太八 おのえ/いだはち

1件 の用語解説(尾上/伊太八の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

尾上/伊太八

宝暦から明和期(1751~72)に成立した新内節「帰咲名残の命毛」(鶴賀若狭掾作)の主人公。角書に「たまきや伊太八・さかひや尾上」とあり,「尾上伊太八」の通称で知られる本曲は,延享3(1746)年12月13日,津軽岩松家の家臣原田伊兵衛の息子で江戸詰の祐筆伊太夫が,吉原,江戸町1丁目の太四郎抱えの遊女尾上となじみ,通い詰めて永の暇を出され,心中未遂事件を起こして非人に落とされた一件を脚色したものである。「明烏」「蘭蝶」と並ぶ新内の名曲として知られ,実説は『寛延奇談』『情死録』に記載される。

(宇田敏彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

尾上/伊太八の関連キーワード宝暦一条兼香大島蓼太田中藤六上杉治憲瀬川菊之丞天降言児童雑誌田沼時代藩学一覧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone