コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上多見蔵(初代) おのえ たみぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾上多見蔵(初代) おのえ-たみぞう

1754-? 江戸時代中期の歌舞伎役者。
宝暦4年生まれ。花染皆之丞に,のち初代尾上菊五郎に入門。明和6年菊五郎とともに江戸にいき,傾城(けいせい),奥方などを演じた。安永8年多見蔵を名のり,のち京坂の舞台にたった。京都出身。初名は花染民蔵。前名は尾上健蔵,尾上民蔵。俳名は幸朝。屋号は音羽屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尾上多見蔵(初代)の関連キーワード歌舞伎役者

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android