コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上多見蔵(初代) おのえ たみぞう

1件 の用語解説(尾上多見蔵(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾上多見蔵(初代) おのえ-たみぞう

1754-? 江戸時代中期の歌舞伎役者。
宝暦4年生まれ。花染皆之丞に,のち初代尾上菊五郎に入門。明和6年菊五郎とともに江戸にいき,傾城(けいせい),奥方などを演じた。安永8年多見蔵を名のり,のち京坂の舞台にたった。京都出身。初名は花染民蔵。前名は尾上健蔵,尾上民蔵。俳名は幸朝。屋号は音羽屋

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尾上多見蔵(初代)の関連キーワード長沢芦雪(ろせつ)熊川呉敬梓コロンビア大学周期表森羅万象菅江真澄頭光日暮硯ホルベア

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone