コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上松助(初代) おのえ まつすけ

朝日日本歴史人物事典の解説

尾上松助(初代)

没年:文化12.10.16(1815.11.16)
生年:延享4(1744)
江戸後期の歌舞伎役者。俳名三朝。大坂小芝居衣裳方の子として生まれた。幼時父と江戸に下り,初代尾上菊五郎の弟子となり尾上松助を名乗る。子役から若女形,さらに立役を経て実悪に進んだ。怪談物の早替わりを得意としていたが,文化1年(1804)の作者鶴屋南北との提携による「天竺徳兵衛韓噺」で怪談役者としての名声が定まり,これから怪談芝居は夏という慣習ができた。怪談,実悪の重鎮として天竺徳兵衛,「加賀見山」の岩藤を最も得意としたが,細かい演技は不得意だった。音曲をよくし,鬘の改良にも貢献した。文化6年,66歳で養子栄三郎に2代目を譲ったが,尾上松緑の名でなお出勤し,72歳で没。2代目はのちの名優3代目尾上菊五郎,3代目はその長男が継いだが大成しなかった。<参考文献>伊原敏郎『近世日本演劇史』

(井草利夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

尾上松助(初代)の関連キーワード尾上菊五郎(三代目)市川門之助(2代)尾上菊五郎(3代)尾上菊五郎(3世)尾上松助(3代)金井由輔(2代)二代目 尾上松也尾上松緑(初代)盲長屋梅加賀鳶阿国御前化粧鏡梅雨小袖昔八丈与話情浮名横櫛天衣紛上野初花新皿屋舗月雨暈心謎解色糸3月24日島鵆月白浪絵本合法衢7月13日春本 泰男

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android