コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上松助(4代) おのえ まつすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾上松助(4代) おのえ-まつすけ

1843-1928 幕末-昭和時代前期の歌舞伎役者。
天保(てんぽう)14年2月29日生まれ。江戸で子役として初舞台。4代市村家橘(かきつ)(のち5代尾上菊五郎)の弟子となり,明治14年新富座で4代を襲名。脇役(わきやく)の名手といわれた。昭和3年9月5日死去。86歳。大坂出身。本名は栗原梅五郎。前名は坂東橘五郎,尾上梅五郎。俳名は梅賀。屋号は音羽屋

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

尾上松助(4代)

没年:昭和3.9.5(1928)
生年:天保14.2.29(1843.3.29)
明治時代から昭和初年の歌舞伎役者。本名栗原梅五郎(幼名は長助)。俳名梅賀。父は5代目松本幸四郎の付人。大坂島の内で生まれ,嘉永1(1848)年,江戸で初舞台を踏む。初名松本小勘子。のちに5代目尾上菊五郎の門弟となり,市村橘五郎,尾上梅五郎を経て明治14(1881)年松助を襲名。明治44年開場の帝国劇場では,脇役ながら幹部俳優のひとりとなる。常に主役を引き立てながら,リアルで人間味溢れる妙技は「名人松助」の尊称を生んだ。門閥を持たずに出世した稀有の名手で,「東海道四谷怪談」の宅悦など世話物の敵役,老役を得意とした。松助の名跡は平成期の6代目におよぶ。<参考文献>邦枝完二『名人松助芸談』

(石橋健一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

尾上松助(4代)の関連キーワード尾上菊五郎(三代目)尾上菊五郎(3世)市川門之助(2代)尾上菊五郎(3代)尾上松緑(初代)二代目 尾上松也尾上松助(3代)尾上松助(初代)金井由輔(2代)盲長屋梅加賀鳶天竺徳兵衛韓噺新皿屋舗月雨暈天衣紛上野初花与話情浮名横櫛阿国御前化粧鏡梅雨小袖昔八丈島鵆月白浪春本 泰男3月24日7月13日

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android