コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上梅幸(6世) おのえばいこう[ろくせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾上梅幸(6世)
おのえばいこう[ろくせい]

[生]明治3(1870).10.15. 名古屋
[没]1934.11.8. 東京
歌舞伎俳優。屋号音羽屋。本名寺嶋栄之助。女方。5世尾上菊五郎の養子。 1903年6世襲名。 11年帝劇開場と同時に技芸委員長 (座頭) となり,15世市村羽左衛門とのコンビで絶賛を博した。容姿にすぐれ,時代,世話,舞踊すべてをよくし,特に生世話物を得意とした。なお,1世から5世までは尾上菊五郎の前名または俳名

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の尾上梅幸(6世)の言及

【梅の下風】より

…歌舞伎俳優の芸談集。6世尾上梅幸著。1930年刊。…

【尾上梅幸】より

…歌舞伎俳優。尾上菊五郎代々の俳名で,3世,4世は一時名のって舞台に出たが,初世,2世,5世は芸名にはしなかった。(1)6世(1870‐1934∥明治3‐昭和9) 本名寺島栄之助。名古屋に生まれた。父は3世菊五郎の孫の朝次郎だったが,12歳で5世菊五郎の養子となり,一座の若女方として養父にしこまれ,女方として大成,世話物,家の芸の怪談狂言,新古演劇十種などに当り役が多い。父の相手役でも好演したが,のちに15世市村羽左衛門との共演がファンを狂喜させた。…

※「尾上梅幸(6世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尾上梅幸(6世)の関連キーワード普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)製糸業日本科学史奈破崙開拓使コッペリア文化闘争グロージェンキンス

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android