コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上菊之丞(1世) おのえきくのじょう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾上菊之丞(1世)
おのえきくのじょう[いっせい]

[生]1910.1.31. 東京
[没]1964.8.13. ハワイ
日本舞踊家。尾上流家元としては2世。本名羽鳥友吉。6世尾上菊五郎門弟。琴次郎を名のり,同門のしげる (のちの2世西川鯉三郎) とともに舞踊の名手として『鏡獅子』の胡蝶の精に抜擢され,話題を呼んだ。 1948年菊五郎に許されて尾上流を創流。1世尾上菊之丞を名のり,2世家元 (1世家元は菊五郎) となった。芸風は端麗で気品があり,2世鯉三郎の好敵手として活躍したが,64年ハワイの門下生の会に出演のため渡米し,客死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

尾上菊之丞(1世)の関連キーワード常用漢字アルビヌス漢の時代(年表)フレーブニコフ新聞小説チアミンワチラウットフレーブニコフニコラ1世アフリカ神話

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android