尾上菊五郎(三代目)(読み)おのえ きくごろう

美術人名辞典の解説

尾上菊五郎(三代目)

江戸後期の歌舞伎俳優。初代尾上松助の養子。前名尾上栄三郎・二代目尾上松助・尾上梅幸、晩名菊屋万平・大川橋蔵、号は賀朝・三朝・梅幸・梅寿・扇舎。文化12年(1815)三代目を襲名。和事実事女形を兼ね、鶴屋南北の怪談劇に長じる。その技芸は遥に養父を凌駕した。嘉永2年(1849)歿、66才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android