コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上菊五郎(五世) おのえ きくごろう

1件 の用語解説(尾上菊五郎(五世)の意味・用語解説を検索)

江戸・東京人物辞典の解説

尾上菊五郎(五世)

1844〜1903(弘化元年〜明治36年)【歌舞伎役者江戸歌舞伎に独自のスタイルを加えて、新境地を開く。 明治歌舞伎の大主役。歌舞伎俳優。屋号は音羽屋。本名寺島清。三世の孫として江戸浅草に生まれる。1862年(文久2)に演じた「弁天小僧」が当り役となった。明治に入ると、九世市川団十郎・初世市川左団次とともに明治劇壇を代表する俳優として「団菊左」と並び称された。河竹黙阿弥生世話物、御家の怪談狂言、舞踊劇などに独自の技芸を開いた。市川家の歌舞伎十八番に対抗して新古演劇十種を制定・創演。尾上菊五郎は、江戸中期から現在七世を数える。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尾上菊五郎(五世)の関連キーワード藤堂良通森関山吉田耕雲初代琴通舎芙賀天保暦弘化東潜夫論旧公債HarrisTownsend吉野義巻

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone