コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上菊五郎(五世) おのえ きくごろう

1件 の用語解説(尾上菊五郎(五世)の意味・用語解説を検索)

江戸・東京人物辞典の解説

尾上菊五郎(五世)

1844〜1903(弘化元年〜明治36年)【歌舞伎役者江戸歌舞伎に独自のスタイルを加えて、新境地を開く。 明治歌舞伎の大主役。歌舞伎俳優。屋号は音羽屋。本名寺島清。三世の孫として江戸浅草に生まれる。1862年(文久2)に演じた「弁天小僧」が当り役となった。明治に入ると、九世市川団十郎・初世市川左団次とともに明治劇壇を代表する俳優として「団菊左」と並び称された。河竹黙阿弥生世話物、御家の怪談狂言、舞踊劇などに独自の技芸を開いた。市川家の歌舞伎十八番に対抗して新古演劇十種を制定・創演。尾上菊五郎は、江戸中期から現在七世を数える。

出典|財団法人まちみらい千代田
江戸・東京人物辞典について | 情報

尾上菊五郎(五世)の関連キーワード曲芸尾上菊五郎プラット修正ロシア映画井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約米中関係

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone