コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上菊五郎(4代) おのえ きくごろう

2件 の用語解説(尾上菊五郎(4代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾上菊五郎(4代) おのえ-きくごろう

1808-1860 江戸時代後期の歌舞伎役者。
文化5年生まれ。初代中村歌六の門下。天保(てんぽう)2年3代菊五郎の娘婿となり,若女方として時代物を得意とした。安政2年江戸市村座で4代を襲名。万延元年6月28日死去。53歳。大坂出身。幼名は中村辰蔵。初名は中村歌蝶。前名は尾上菊枝,3代尾上栄三郎,4代尾上梅幸。俳名は梅幸。屋号は音羽屋

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

尾上菊五郎(4代)

没年:万延1.6.28(1860.8.14)
生年:文化5(1808)
江戸後期の歌舞伎役者。女形。通称梅幸菊五郎。屋号音羽屋。大坂で生まれ,中村歌六に入門。京坂の宮芝居で修業し,天保2(1831)年,3代目尾上菊五郎の女婿となり,尾上栄枝と改めて師匠について江戸へ下り,3代目栄三郎,4代目梅幸と改名。江戸で名をあげ,安政2(1855)年に4代目菊五郎を襲名する。落ち着いた気品のある風姿で,娘役より年増役,世話物より時代物に適した。ベタベタした台詞回しは,伝法肌の役柄には不向きであった。当たり役に政岡,戸無瀬,定高,お岩など。53歳で没するが,妻お蝶も同日に後を追うように息を引き取ったという。<参考文献>伊原敏郎『近世日本演劇史』,3代目中村仲蔵手前味噌』(郡司正勝校訂/復刻,1969)

(赤間亮)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尾上菊五郎(4代)の関連キーワード尾上菊五郎(三代目)尾上梅幸歌舞伎役者尾上栄三郎(4代)尾上菊五郎(2代)尾上菊五郎(7代)尾上梅幸(7代)尾上松助(3代)段助中村勘之丞

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone