尾上 九朗右衛門(2代目)(読み)オノエ クロウエモン

20世紀日本人名事典の解説

尾上 九朗右衛門(2代目)
オノエ クロウエモン

昭和期の歌舞伎俳優



生年
大正11(1922)年1月22日

没年
平成16(2004)年3月28日

出生地
東京市

本名
寺島 清晁(テラジマ キヨアキ)

屋号
音羽屋

学歴〔年〕
パサデナ演劇学校〔昭和26年〕中退

経歴
名優と呼ばれた6代目尾上菊五郎の長男で、大正14年尾上左近を名のり「助六」の福山で初舞台を踏む。昭和15年2代目尾上九朗右衛門を襲名。歌舞伎だけでなく、「かくて自由の鐘は鳴る」「宮本武蔵」など映画にも出演するが、44年12月脳出血で右半身がマヒし、俳優を断念。リハビリの傍ら、ハーバード大学、カリフォルニア大学などで演劇を講じ、歌舞伎の紹介に尽くした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

尾上 九朗右衛門(2代目)
オノエ クロウエモン


職業
歌舞伎俳優

本名
寺島 清晁(テラジマ キヨアキ)

屋号
音羽屋

生年月日
大正11年 1月22日

出生地
東京市(東京都)

学歴
パサデナ演劇学校〔昭和26年〕中退

経歴
名優と呼ばれた6代目尾上菊五郎の長男で、大正14年尾上左近を名乗り「助六」の福山で初舞台を踏む。昭和15年2代目尾上九朗右衛門を襲名。歌舞伎だけでなく、「かくて自由の鐘は鳴る」「宮本武蔵」など映画にも出演するが、44年12月脳出血で右半身がマヒし、俳優を断念。リハビリの傍ら、ハーバード大学、カリフォルニア大学などで演劇を講じ、歌舞伎の紹介に尽くした。

没年月日
平成16年 3月28日 (2004年)

家族
父=尾上 菊五郎(6代目)

伝記
聞き書き 尾上九朗右衛門―アメリカに移住した梨園の御曹司 花田 昌子 著(発行元 朝日新聞社 ’96発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android