コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾口[村] おくち

1件 の用語解説(尾口[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おくち【尾口[村]】

石川県南端,石川郡の村。人口750(1995)。手取川上流の白山北麓に位置する岐阜県境の山村で,西部を手取川が北流し,北境を支流の尾添川が流れる。耕地に乏しく,ワサビナメコ,山菜などを特産し,イワナニジマスなどの淡水魚の養殖も盛ん。南東部は白山国立公園に含まれ,夏は白山登山口としてにぎわう。岩間温泉白山一里野保養村があり,冬はスキー客が多い。岩間の噴泉塔群は特別天然記念物,東二口文弥人形重要無形民俗文化財に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

尾口[村]の関連キーワード災害と税石上乙麻呂山田敦彦アラブ文学アラビア文学イスラム文化グライダー競技西アジア史リスボン条約改革条約

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone