コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎正章

1件 の用語解説(尾崎正章の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

尾崎正章

旧徳山市の医者の家に生まれる。日本大学文学部を中退し、京都の洋画の画商、三角堂に就職。このころから絵を描き始め、1941年に「燻製と果物」が一水会展で、49年には「菜の花」が日展で初入選。県内在住の洋画家として県内の風景を中心に描き、特に瀬戸内海イワシ漁や漁村の様子などを題材にした。尾崎正章記念館は730点の作品を所蔵している。

(2006-12-08 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尾崎正章の関連キーワード日本大学熊本大学医者坊主医者坊旧徳手医者生れ徳山市旧徳山村民の集団移転岡它山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尾崎正章の関連情報