コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾州家河内本源氏物語

1件 の用語解説(尾州家河内本源氏物語の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

尾州家河内本源氏物語

鎌倉中期に源光行・親行親子が校訂した「源氏物語」の写本は2人が河内守であったことから「河内本」といわれる。これを北条実時が写させたものが金沢文庫から足利将軍家豊臣秀次をへて徳川家康にわたり、家康から尾張徳川家初代の義直に譲られたとされることから「尾州家河内本」と呼ばれている。全巻が23冊にとじられている。

(2013-12-23 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尾州家河内本源氏物語の関連キーワード仙覚東関紀行源親行源光行行阿水原抄源氏物語・大沢本根井行親山田好之

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone