コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾張北部地域ごみ焼却処理広域化第1小ブロック会議

1件 の用語解説(尾張北部地域ごみ焼却処理広域化第1小ブロック会議の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

尾張北部地域ごみ焼却処理広域化第1小ブロック会議

総人口約23万人の犬山・江南両市、扶桑・大口両町の2市2町で構成する。県は1998年、国のごみ処理施設の広域化指針を受け、人口約30万、1日当たりの処理能力300トンを目安に、県内の自治体を13ブロックに分割した。尾張北部は当初、小牧・岩倉両市を含む4市2町で計画が進んでいたが、犬山市内を建設候補地とする計画が、住民の反対で白紙になり、2005年に2市が離脱。翌年、現在の枠組みとなり、その後、13回の候補地検討委員会を経て、昨年5月、建設候補地が犬山市喜六屋敷に決まった。

(2011-09-09 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尾張北部地域ごみ焼却処理広域化第1小ブロック会議の関連キーワード犬山焼江南四川省生産年齢人口総人口犬山口約束日本の信徒ブラジルの都市問題呉市の議員定数

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone