コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾籠・尾篭 びろう

大辞林 第三版の解説

びろう【尾籠・尾篭】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「おこ(痴)」の当て字「尾籠」を音読みした語〕
わいせつであったり不潔であったりして、人前で口にするのがはばかられること。きたないこと。また、そのさま。 「 -な話で恐縮ですが」 「甚だ-なお話ぢやが、象の糞は/象 潤一郎
礼を失すること。失礼。無礼。 「乗り物より降り候はぬこそ-に候へ/平家 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

尾籠・尾篭の関連キーワード

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android