局・旭・曲・棘・極(読み)きょく

大辞林 第三版の解説

きょく【局・旭・曲・棘・極】

【 旭 】 [音] キョク
朝の太陽。あさひ。 「旭日・旭旗・旭光」
【曲】 [音] キョク
まがる。まげる。 「曲射・曲折・曲線・曲直・曲面・迂曲うきよく・屈曲・歪曲わいきよく
真実でない。かたよっている。 「曲学・曲言・曲説・曲筆・曲論・曲解」
細部・詳細。 「曲礼・委曲」
一般に変化に富むもの。 「曲技・曲芸・曲馬・戯曲・同工異曲」
音楽の節。作品。 「歌曲・楽曲・作曲・名曲・謡曲・円舞曲・協奏曲・交響曲」
【局】 [音] キョク
範囲をくぎること。くぎられた範囲。 「局限・局所・局地・局部・結局」
ある時点における形勢。 「局面・時局・戦局・大局」
官庁・会社などで、機構の単位の一。 「局員・局長・支局・部局・本局・交通局・事務局・編集局・郵便局」
囲碁・将棋などの盤面。また、その勝負。 「棋局・対局」
【 棘 】 [音] キョク
とげのある草木。いばら。 「枳棘ききよく・荊棘けいきよく
とげ。 「鰭棘ききよく
【極】 [音] キョク ・ゴク
きわみ。
行き着くところ。はて。 「極限・極端・極地・極点・極東・極光・極月ごくげつ・窮極・終極」
ものの両端。 「磁極・積極・電極・北極」
最大の範囲。 「極量」
きわまる。きわめる。最後にまで達する。 「極致・極度・極力」
きわめて。この上なく。 「《キョク》極小・極少・極大」 「《ゴク》極悪・極暑・極上・極熱・極秘・極楽・極寒・至極・極彩色ごくさいしき
はなはだしい。 「極言・極論・極諫きよつかん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android