コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

局地激甚災害(局激)

1件 の用語解説(局地激甚災害(局激)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

局地激甚災害(局激)

地震や水害などで甚大な被害が出たとき、市町村単位で指定される制度。地方の負担軽減が目的で、復旧工事の際に国の補助率がかさ上げされる。基準は分野ごとに異なり、道路や河川など公共土木施設は市町村の標準的な税収入の50%超、農地は農業所得推定額の10%超の復旧費がかかることが条件。2000年に現在の基準になったが、被害が局地的なゲリラ豪雨の場合、公共土木施設で基準に届かないことがある。激甚災害には、阪神・淡路大震災など地域を特定せずに災害単位で指定される「本激」もある。

(2010-12-16 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone