コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

局地激甚災害(局激)

1件 の用語解説(局地激甚災害(局激)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

局地激甚災害(局激)

地震や水害などで甚大な被害が出たとき、市町村単位で指定される制度。地方の負担軽減が目的で、復旧工事の際に国の補助率がかさ上げされる。基準は分野ごとに異なり、道路や河川など公共土木施設は市町村の標準的な税収入の50%超、農地は農業所得推定額の10%超の復旧費がかかることが条件。2000年に現在の基準になったが、被害が局地的なゲリラ豪雨の場合、公共土木施設で基準に届かないことがある。激甚災害には、阪神・淡路大震災など地域を特定せずに災害単位で指定される「本激」もある。

(2010-12-16 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

局地激甚災害(局激)の関連キーワード唐山地震芸予地震甚大中地震南海道地震莫大三河地震トルコ大地震根室半島沖地震土崎空襲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone