局所被曝

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

局所被曝

体の一部が放射線を浴びること。胸のX線検診1回で浴びる線量は0.05ミリシーベルト。国際放射線防護委員会(ICRP)によると、500ミリシーベルトの局所被曝が目にあると水晶体混濁、3000ミリシーベルトで脱毛、5000ミリシーベルトで皮膚が赤くなり斑点状に広がる。1万ミリシーベルトで急性潰瘍(かいよう)の症状が出るとされる。体内に放射性物質を取り込む場合は、内部被曝と呼ばれる。

(2011-03-25 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

局所被曝の関連情報