コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

局所被曝

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

局所被曝

体の一部が放射線を浴びること。胸のX線検診1回で浴びる線量は0.05ミリシーベルト。国際放射線防護委員会(ICRP)によると、500ミリシーベルトの局所被曝が目にあると水晶体混濁、3000ミリシーベルトで脱毛、5000ミリシーベルトで皮膚が赤くなり斑点状に広がる。1万ミリシーベルトで急性潰瘍(かいよう)の症状が出るとされる。体内に放射性物質を取り込む場合は、内部被曝と呼ばれる。

(2011-03-25 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

局所被曝の関連キーワード局所被曝(ひばく)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

局所被曝の関連情報