コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

居住用財産の特別控除

1件 の用語解説(居住用財産の特別控除の意味・用語解説を検索)

かんたん不動産用語解説の解説

居住用財産の特別控除

自 己の居住用の土地建物を譲渡した場合に、3,000万円を譲渡利益から控除して課税標準を計算することができる制度。要件として、(1)その前々年までに この特例を受けていないこと、(2)居住されなくなってから3年以内の譲渡、(3)収用の特別控除の適用を受けていないこと、(4)親族等への譲渡でない こと、(5)その他買い替え特約を受けていないことなどがある。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

居住用財産の特別控除の関連キーワード失念株テナント譲渡所得長期譲渡所得離婚と税宅地建物取引業協会短期譲渡所得マイホームの譲渡と税譲渡所得税

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone