コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

居住・移転の自由 きょじゅういてんのじゆう

世界大百科事典 第2版の解説

きょじゅういてんのじゆう【居住・移転の自由】

居住地を決定し,またそれを変更する自由。封建時代には,居住移転の自由は職業選択の自由と並んで厳しく制限されていたが,土地から分離された自由な労働力の形成という意味において,この居住・移転の自由は,資本主義社会存立の不可欠の前提条件として保障された。明治憲法22条も〈法律の留保〉のもとで居住・移転の自由を明文で保障しており,日本国憲法はこの自由を職業選択の自由と同一の条文(22条)で〈公共の福祉に反しない限り〉において保障している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

居住・移転の自由の関連キーワード日本国憲法第二十二条海外移住の自由奴隷制[西洋]居住の自由経済的自由出入国管理基本的人権農民運動労働移動自由権居住地留保

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android