コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

居箱・居筥 すえばこ

大辞林 第三版の解説

すえばこ【居箱・居筥】

僧が使う長方形の木箱。法会ほうえの際に儀式用の衣・法具などを入れて自分の座のそばに置く。内側は錦にしきや紙を貼り、外側は薄い金属板を貼る。蒔絵まきえを施したものもある。接僧函せつすかん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

居箱・居筥の関連キーワード長方形木箱法会法具

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android