屯・豚・遁・頓(読み)とん

大辞林 第三版の解説

とん【屯・豚・遁・頓】

【屯】 [音] トン
たむろする。大勢集まる。 「屯営・屯集・屯所・屯田・駐屯」
重さの単位を表す。英語 ton の音訳。「噸」「瓲」は国字。 「総屯数」
【豚】 [音] トン
ぶた。 「豚脂・豚舎・養豚」
自分の子供を謙遜していう。 「豚児」
【 遁 】 [音] トン
にげる。のがれる。 「遁甲・遁竄とんざん・遁辞・遁世・遁走」
【頓】 [音] トン
ぬかずく。頭を地につける。 「頓首」
にわかに。急に。 「頓悟・頓挫とんざ・頓才・頓死・頓知・頓証菩提とんしようぼだい
やどる。とどまる。 「停頓」
ととのえる。 「整頓」
つまずく。たおれる。また、くるしむ。 「困頓」
一度。一回。 「頓服」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android