コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山の手空襲

1件 の用語解説(山の手空襲の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

山の手空襲

1945年4月13日~5月25日、東京の山の手地域に米軍が焼夷(しょうい)弾を投下した無差別じゅうたん爆撃を指す。5月25日は、皇居も含めて、赤坂や青山、中野などが標的になった。「東京空襲総仕上げ」とも言われる。「東京大空襲・戦災誌」によると、この空襲で投下された焼夷弾は3月10日のほぼ倍近い3258トンで、死者数は3651人。3月10日の死者数、10万人以上を下回るのは、疎開が進んだことや、消火活動より避難を優先するようになったためとされる。

(2010-05-26 朝日新聞 朝刊 都区内 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山の手空襲の関連キーワード安和永仁寛政寛文建治正慶長和文永宝永万治

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山の手空襲の関連情報