山下 勇(読み)ヤマシタ イサム

20世紀日本人名事典の解説

山下 勇
ヤマシタ イサム

昭和・平成期の経営者 JR東日本最高顧問;元・三井造船社長。



生年
明治44(1911)年2月15日

没年
平成6(1994)年5月6日

出生地
東京市本郷区湯島天神町(現・東京都文京区)

学歴〔年〕
東京帝国大学工学部機械工学科〔昭和8年〕卒

主な受賞名〔年〕
海事功労者運輸大臣表彰〔昭和37年〕,デンマーク・ダンネブログ勲章〔昭和42年〕,藍綬褒章〔昭和46年〕,交通文化賞〔昭和51年〕,デンマーク・コマンダーロイヤルホーダー勲章〔昭和51年〕,勲一等瑞宝章〔昭和58年〕,スウェーデン・コマンダー勲章〔昭和63年〕,前島賞(第34回)〔平成1年〕,経営科学化有功章(平4年度)

経歴
昭和8年三井物産造船部に入社。12年分離独立した玉野造船所(現・三井造船)に。23年造機部長、30年取締役、37年常務、41年専務、43年副社長を経て、45年社長。社長時代に経営多角化を進め同社を総合的な重工・エンジニアリング企業に脱皮させるのに貢献した。54年6月から会長、60年春相談役に退く。会長就任後は財界活動に力を入れ、55年5月から経団連副会長。また60年7月電気通信審議会会長、60年10月には、日本人としては初めて、ISO(国際標準化機構)の次期会長に選出された。62年4月JR東日本会長、平成2年日ソ経済委員会(現・日本ロシア経済委員会)委員長に就任。5年6月JR東日本最高顧問となる。日本規格協会会長、貿易研修センター理事長などを兼任。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山下 勇の関連情報