コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中蘭径

美術人名辞典の解説

山中蘭径

美術研究家。秋田県生。独学で絵を学び、池大雅・浦上玉堂ら江戸時代の文人画富岡鉄斎の研究で名を馳せる。自ら南画を能くする他、硯についての造詣も深く、また文学・絵画・書跡界の第一人者達と親しく交友した。昭和50年(1975)歿、92才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android