山之口貘・山之口獏(読み)やまのぐちばく

大辞林 第三版の解説

やまのぐちばく【山之口貘・山之口獏】

1903~1963) 詩人。沖縄県生まれ。本名、山口重三郎。平易な詩語、権力とは無縁な庶民の生活感情に基づく自己風刺的な手法に特徴がある。詩集「思弁の苑」「鮪に鰯」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android