コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山元桜月 やまもと おうげつ

1件 の用語解説(山元桜月の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山元桜月

日本画家。滋賀県生。名は三郎、初号は春汀。叔父山元春挙に師事。文展・帝展で活躍、帝展推薦・文展無鑑査となるが、のち展覧会出品から離れ、独自の活動を行う。山水を能くし、特に富岳を好んで描いた。昭和60年(1985)歿、97才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山元桜月の関連キーワード疋田春湖中島菜刀野添平米渡辺公観田能村小竹戸波枝山納鳳陽三宅大涛川端玉雪佐藤大寛

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone