コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山元桜月 やまもと おうげつ

美術人名辞典の解説

山元桜月

日本画家。滋賀県生。名は三郎、初号は春汀。叔父山元春挙に師事。文展・帝展で活躍、帝展推薦・文展無鑑査となるが、のち展覧会出品から離れ、独自の活動を行う。山水を能くし、特に富岳を好んで描いた。昭和60年(1985)歿、97才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android