山内 壮夫(読み)ヤマノウチ タケオ

20世紀日本人名事典の解説

山内 壮夫
ヤマノウチ タケオ

昭和期の彫刻家



生年
明治40(1907)年8月12日

没年
昭和50(1975)年4月11日

出生地
北海道札幌市

学歴〔年〕
東京高等工芸学校彫刻科〔昭和4年〕卒

主な受賞名〔年〕
国画奨学賞〔昭和7年〕「男の坐像」

経歴
昭和4年国画会展初入選、8年会友、12年本郷新、明田川孝らと同人に推された。14年彫刻部同人会員とともに国画会を脱会、新制作派協会彫刻部を設立、同会に作品発表。戦後建築と彫刻の協働を唱え、モニュマンに「夕張市労働会館外壁浮彫」、長崎国際文化会館の「平和の母子像」、新潟市庁舎の「家族」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android