山内 清男(読み)ヤマノウチ スガオ

20世紀日本人名事典の解説

山内 清男
ヤマノウチ スガオ

昭和期の考古学者 成城大学教授。



生年
明治35(1902)年1月2日

没年
昭和45(1970)年8月29日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝国大学理学部人類学科選科〔大正12年〕修了

学位〔年〕
文学博士(京都大学)〔昭和37年〕

経歴
大正13年東北帝大医学部解剖学教室副手、のち助手。昭和8年退職して上京、原始文化研究会を、次いで12年先史考古学会を創設、雑誌「先史考古学」を発行した。21年東大理学部講師、37年定年退官、成城大学文芸学部教授。先史考古学の研究、特に縄文式土器の型式分類と編年体系の樹立に尽力、放射性炭素による年代測定法を批判、考古学独自の方法を唱えた。著書に「日本遠古之文化」「日本先史土器の縄紋」「山内清男先史考古学論文集」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

山内 清男 (やまのうち すがお)

生年月日:1902年1月2日
昭和時代の考古学者。成城大学教授
1970年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山内 清男の関連情報