山内 豊範(読み)ヤマノウチ トヨノリ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

山内 豊範
ヤマノウチ トヨノリ


肩書
高知藩知事

生年月日
弘化3年4月15日(1840年)

出生地
土佐国高知城内(高知市)

経歴
安政6年山内容堂隠居と同時に家督を継ぎ、16代土佐藩主となる。文久2年江戸参勤の途上朝廷の召命をうけて京に入り、京都警衛、国事周旋の内勅を受け、薩摩、長州と並んで勤王三藩と称せられた。同年勅使三条実美、副勅使姉小路公知が江戸に下る際、往復の護衛を勤める。藩政は隠居容堂の後見に拠って行い、幕府の長州征伐には大坂警備に任じた。明治元年戊辰戦争では藩兵を東山道、東北に派遣、その戦功によって父と共に賞典禄4万石を下賜された。2年薩長肥の3藩主と連名して版籍奉還の奏請書を提出、高知藩知事に就任。4年廃藩置県後は東京に住み、銀行、鉄道などの事業に協力する傍ら、私塾・海南学校を経営した。

没年月日
明治19年7月13日

家族
父=山内 豊資(12代土佐藩主) 養父=山内 容堂(16代土佐藩主)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android