山内[村](読み)さんない

世界大百科事典 第2版の解説

さんない【山内[村]】

秋田県南東部,平鹿郡の村。人口4841(1995)。東は岩手県,西は横手市に接し,横手川の上流域を占める。真昼山地の西斜面にあたる山村で,村域の90%が山林からなり,集落は河岸段丘上に分布する。近世は横手山内郷と呼ばれ,境を接する盛岡藩領との間に小松川番所など八つの番所が置かれていた。中心の相野々(あいのの)は横手川と松川,黒沢川,武道川の合流点にあたり,雄物川流域と北上川流域を結ぶ平和(ひらわ)街道(国道107号線)が通じる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android